日本には昔から「師匠・弟子」という関係性があります。

武道やその他「道」のつくものだけではなく、寿司職人や大工、あらゆる職業に師匠と弟子という関係性が存在します。

 

そんなイメージからか、「英会話教室の掛け持ちは失礼だし、効果がない」と思っている方が多いように感じます。

結論から言うと、英会話教室の掛け持ちは中級者以上にはオススメです。


おすすめの掛け持ち方法


それではどんな風に掛け持ちするといいのか。

おすすめは、日本語講師&ネイティブ講師です。


日本語講師には文法を始め、総合的に「先生」「コーチ」としてレッスンを受ける。

・ネイティブ講師とは、とにかく会話の練習。文法やボキャブラリー等の学習は一切しない。とにかく話す!

最近では、英会話「教室」ではなく、個人で教えている先生と生徒をマッチングるするサイトも多数存在します。


エリアによっては格安で会話の練習をしてくれる先生が見つけられるんではないでしょうか。

 

ネイティブの友達を作ればいいんじゃないの?

確かに、ネイティブスピーカーの友達を作ることは英会話を上達する上で不可欠です。


「ネイティブ講師とは会話あるのみ」とお話をしましたが、

ただ会話するだけではありません。

必ずレッスンの内容は録音しましょう。

自分の自己紹介文や仕事上で使う文章など、自分で作成した文章を読んでもらい、録音して、発音の練習教材にしてしまいましょう。


友達相手に録音をしたり、英語で話すことを強要したりするのは失礼ですし、

発音や文法のミスを全て直してはくれませんよね。


英語の訛りは無視できない

ネイティブ、非ネイティブ問わず、色々な国の人と話すことをおすすめします。

ネイティブ英会話教室のきれいな発音の英語に慣れていると、実際に会話をする場面になって全く聞き取れないということになります。

私の嫁(アメリカ人)はToeic等のリスニング問題を聴くと笑い出します。

「こんな喋り方をする人はいないよね」と。

ネイティブスピーカーではない、フランス人やスペイン人等色々な国の人と話すことによって、色々なアクセントに触れることが出来るので、結果的に英語力が上がります。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です